レース中はアミノサウルス、レース前はツカレナインのコンビが最強!

「アミノサウルス×ツカレナイン」でターゲットレースをピンポイントで狙い撃ち!

レース中の補給に関し、アミノサウルス「最強のBCAAサプリ」である理由は既に述べたとおりです。

 

そして忘れてはならないのが、レース中だけでなくレース前からのケアを続けることが、より高いパフォーマンスを発揮する為に欠かせない対策であるということ。

 

今回オススメするのは、「ツカレナイン」というサプリです。このサプリをオススメできるのは、以下@A両方該当する方です。

  • @ どうしても記録を狙いたいレースがある!
  • A 目標とする記録達成の為、1万円をサプリに投資する覚悟がある

 

ツカレナイン詳細はコチラ↓

 

ツカレナインというサプリは一体??

アミノサウルス×ツカレナインのW効果でピンポイントレース対策

 

端的に述べると、オリゴノールを配合したサプリです。オリゴノールというのは、ポリフェノールを低分子化し、吸収しやすくした物質です。

 

・・・で??

 

ポリフェノール・オリゴノールがマラソンとどう関係あるの・・・?

 

それを考える前に、まず筋肉の疲労に関して考える必要があります。

 

従来、筋疲労を誘発する主要因は「乳酸」だと考えられていました。

 

しかし、近年の研究で、乳酸は筋疲労に対し与える影響は小さく、疲労物質とは断定できない。むしろ疲労軽減作用がある可能性がある。という見解が発表され、次第に支持され始めました。

 

そして現在、主流派が考える筋疲労の主要因となる物質は

  • 無機リン酸
  • 活性酸素

(参考論文:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpehss/51/4/51_4_399/_pdf

 

上記2つ物質の内、活性酸素に着目したのがツカレナインです。

 

活性酸素とは・・・

  • 筋収縮により体内の活性酸素が増加する
  • 極めて反応性の高く、体の組織と過剰かつ迅速に反応
  • 活性酸素にさらされた筋繊維は、張力が低下
  • その結果、筋肉が十分な機能が発揮できない可能性があることが研究により示された

 

つまり、活性酸化は筋疲労に悪い影響を与えているというのが、現在主流の学説なわけです。

 

 

で、ポリフェノールに戻りましょう。

 

まず、ポリフェノールは抗酸化作用がある。アンチエイジングとかで有名ですよね??酸化作用(=サビさせる作用)に「対抗」する作用があるわけです。

 

つまり、ポリフェノールは運動で生じる活性酸素に対抗する。そして、ポリフェノールの3〜4倍吸収に優れたのが「オリゴノール」なんです。

 

以上から、オリゴノールにはポリフェノールよりも、さらに強い抗酸化作用があり、筋疲労の回復に効果的と考えられています。

 

ここぞというレースの前や、ハードトレーニングするときに飲むのがオススメです。

 

研究結果で、信頼できそうな事例があったので紹介します↓

 

 

(参考サイト:https://www.aminoup.co.jp/products/oligonol/research/

 

ちょっとわかりにくいですが、1か月間オリゴノールを摂取した長距離ランナーは、オリゴノールを摂取しなかったランナーと比べ、「筋肉のダメージ指数」も「回復機能指数」も良好な値を示したということです。

 

さらに気になるのが、「安静時の心拍数」も低下しているということ。一般的に心肺機能が高まったときに、安静時の心拍数は小さくなるものですが、オリゴノールにはそのような効果もあるのか・・・!?

 

実際に購入した口コミを投稿。ツカレナインのレビュー

【率直な感想です】

  • 思ったより小さい

アミノサウルス×ツカレナインのW効果でピンポイントレース対策

 

アミノサウルス×ツカレナインのW効果でピンポイントレース対策

 

  • 味はラムネ。口に含んだ味は、懐かしのコレとほぼ同じ↓

アミノサウルス×ツカレナインのW効果でピンポイントレース対策

  • 後味が少し苦い、コーヒーとかの苦味ではなく、薬草系の苦さがある。

 

アミノサウルス×ツカレナインのおすすめの摂取方法

長距離ランナーに対し実施した実験結果からもわかりますが、ツカレナインはレース前の数日間継続的に摂取しておくことが効果的です。おすすめは、ここぞというレース1週間前からの摂取。

 

「筋肉の疲労感の低減」と「回復力の向上」を事前対策しておくことで、後半に強い脚・スタミナを強化し、自己ベストを目指してください。

 

ツカレナイン詳細はコチラ↓

 

レース中はアミノサウルスを摂取するのもお忘れなく!

page top